≪このサイトの説明≫

舞台人の皆さま へ


「舞台に立ちたい!」
「舞台に関わる仕事がしたい!」
「俳優さんを全力で応援したい!」
「とにかく好きな作品は何回でも観たい!」

舞台を愛する方々の毎日はきっと夢と希望に満ち溢れ
数々の作品はあなたの生きる源となっていることでしょう。

「舞台に立てれば何もいらない。」
「舞台に関われる仕事ができれば何でもいい。」
「俳優さんを支えることが全て。」
「手段は選ばずチケットは絶対に入手する。」

そんな皆さんの気持ち、とても大切です。
全力で、情熱的で、前向きで、感動的。
そういう気持ちを持った人こそが、
真の「舞台人」だと心の底から思っています。

でも、立ち止まって考えてみてみましょう。

本当に「何も」いりませんか?
本当に「何でも」いいですか?
本当に支えることだけが「全て」ですか?
本当に手段は「選びません」か?

舞台好きな方というのは、真面目で情熱的な方がとても多いです。
だからこそ真っ直ぐ過ぎて時に周りが見えなくなってしまうのです。
(かくいう私もその1人。)

舞台に正面から向き合うのであれば、
遠回りかも知れないあらゆることを経験しながら向き合いましょう。
寄り道して色々な発見をしながら向き合いましょう。
最短の道のりで舞台に向かうことだけが全てではないのです。

経験を重ねれば重ねる程、自分の視野が広がり
今まで気づくことのできなかった良さを、作品に発見することが出来ます。
辛い体験をすることで、共感できなかった登場人物に対して
共感が出来るようになります。

役者、スタッフ、観客。
舞台に直接関わる「舞台サイド」の方も、舞台を支える「客席サイド」の方も、
舞台に関わる全ての舞台人が、劇場をより良い空間にしていくのです。
そしてその相乗効果は技術よりも「経験」によって得られます。

経験とは、学業、旅行、習い事でも得られるものですが、
私の経験上「仕事をすること」が一番早く確実です。

舞台役者になりたい方。
どんな経験をすれば演技に深みが出ると思いますか?

舞台美術になりたい方。
どういうものを見れば製作物にリアルさが出ると思いますか?

観客であり続ける方。
どういう姿勢が舞台俳優を支え、舞台俳優に好まれると思いますか?

こういうことを踏まえながら、
あなたがどんな仕事で経験を積むべきか、一緒に考えていくのがこのサイトです。

読者様の立場を6つに分類し、情報を提供していますので
あなたの状況が変わったら、いつでもこのサイトに戻って来て下さい。
その時々で、悩みや考え方も変わるはずです。

また、あなたが「舞台サイド」から「客席サイド」へ転向したとしても、
このサイトに戻って来て下さい。
その時のあなたに必要な情報が、きっとここにはあるはずです。

  1. 未来の明るい“高校生”のあなたへ
  2. やる気に満ちた“大学生”のあなたへ
  3. 不安を抱えた“就活生”のあなたへ
  4. 夢を追う“フリーター”のあなたへ
  5. 夢を忘れた“社会人”のあなたへ
  6. “最高の観客”でありたいあなたへ

答えがここにない時は、いつでもお問い合わせを受け付けます。
お問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。
また、私の詳しい経歴はプロフィールをご参照ください。
※いずれも別サイトへ飛びます。

より良い「舞台ライフ」を過ごして頂くため、
より良い「劇場空間」を築いていくため、
是非多くの質の良い経験をしていきましょう。


舞台人の、身近な存在でありたい
管理人あきかん より

※コメントもお待ちしております☆

※主に舞台人向けの記事を書いておりますが、
  一般の方にも有益な情報を沢山書いています。
  「使える!」と思ったら、是非お友達にもこのサイトを紹介して下さいね。
  貴重な情報はみんなで分かち合いましょう☆

フォト
無料ブログはココログ