やる気に満ちた“大学生”のあなたへ

こんにちは。

管理人のあきかんです。
舞台が好きなら仕事をしよう!」へお越し頂き有難うございます。
※私については、プロフィールをご覧ください。

このサイトにお越しいただいている方は、
舞台に関わる仕事がしたい方」がほとんどではないかと思います。

舞台俳優、スタッフ、運営、制作…
希望通り芸術学部のある大学へ入学できた方も、そうでない方も、
膨らむ夢に、胸を躍らせているに違いありません。

芸術学部に入った方は、日々稽古、実習、学業と忙しい日々を送るでしょう。
一般学部に入った方も、学外の稽古と並行して、学業に専念しなければいけません。

稽古や実習に励む。
熱心で、夢を実現しようとする素晴らしい行為です。
この努力を惜しまずして、舞台に関わることなどできません。

しかし、専門的な努力ばかりで本当に良いのでしょうか?

舞台への道はとても厳しいものです。
きっとそんなことは頭では分かっていると思います。
でも、普通に就職するのも難しいこの時代に
あなたは専門的な知識や技術ばかり身につけていて良いのでしょうか?

夢に一直線に進むことを決めたあなたは、
きっと「保険をかける」ということをしたくはないでしょう。
私もそうでした。
勉強すれば絶対に舞台関係の仕事に就ける…と信じていました。

でも現実は残念ながらそうではありません。
いくら真面目に勉強しても、運を掴めなければ実現できない夢もあります。
そしてその運というのは自分で掴むものなのです。

運は学内ばかりに転がっている訳ではありません。
世界に散らばっているのです。
だからこそ、外に出て、運を掴みに行きましょう。
経験を積むための活動は学業切り離してどんどん行って行きましょう。

例えば1年間に学内公演が4回あるとして、
その全てを経験しようと躍起になる方がいますが、
果たしてそれは本当に必要なことでしょうか?

必要だと思う人はそうして下さい。
でも私はそうは思いません。
何故ならその分、社会に対してのアンテナが低くなってしまうからです。

アンテナが低くなるということは、
舞台に立つ者としても、舞台を製作する者としても致命的な問題です。
何故なら、舞台とは、社会の縮図でもありますから
それを表現できないというのは、ただ舞台の傍にいる人だということです。

ではどうやって経験を重ねていくか。
アルバイトが一番早い方法だと私は考えています。

勿論、旅行したりして刺激を受けるのも良いですが、
それではお金が無くなって行きます。
プロの公演も沢山観ていくためにも、お金が必要です。

ですから、アルバイトをして、刺激を受けながら
お金を稼いで、そのお金でどんどん公演を観て勉強して下さい。
私は大学時代、そうしてきました。
そうやって経験を実力に変え、運へ結び付けて行って下さい。

このサイトでは、大学生のあなたが、
夢の実現のために意義のある仕事探しが出来ることを目的にしています。

大学生のあなたが登録しておくべきサイトを3つここに挙げておきますので、
まず登録しておきましょう。それぞれ30秒程で登録が可能です。

あなたの夢のために、私に出来る限りのお手伝いをさせて下さい。
傍で応援しています!

【大学生のあなたが登録しておくべき3つのサイト】

①ショットワークス
「明日1日働きたい!」その“突然”に応えます




②キャリオク!

飲食の経験は強い



③キャリコネ




どういう観点で仕事をして頂きたいかをまとめましたので、
登録が終わったら以下の記事から読んでいって下さいね。

【大学生のあなたに、まず読んでほしい記事5つ】

求人専用のアドレスを作ろう
履歴書を書くにあたって
演出助手になるならば
経験積むなら“ルゾート”でどっぷりと…
“演技の勉強”は移動中だってできる。

※オススメのサイトや記事は状況に応じて変更することがございます。
  予めご了承ください。

★問い合わせ方法はプロフィールからご確認下さい。


舞台人の、身近な存在でありたい
管理人あきかん より


※主に舞台人向けの記事を書いておりますが、
  一般の方にも有益な情報を沢山書いていますので、
  「使える!」と思ったら、是非お友達にもこのサイトを紹介して下さいね。
  貴重な情報は共有しましょう☆
フォト
無料ブログはココログ